1. ホスティング
:釣り :奄美 :フライ :fly :youtube :ルアー :チヌ :サイト :

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

inoo CD発売を祝しまして。 

The kamazzの会長で有りミュージシャンでもある榊さんのCDが11月1日に発売になります。

これを祝しまして以前頂いたCDから1曲お借りし、僭越ながら私の先日の釣行のときの映像とコラボレーションしてお贈りします。

ミュージシャンとしての榊さんの魅力の一端を一人でも多くの方々に紹介できたら幸いです。





すみません!一部スペルが間違っている箇所がありました。
後日修正しますのでご了承下さい。

スポンサーサイト

ダイジェスト。 

ごく最近の釣果をダイジェストでまとめ一言書き添えて紹介したいと思います。


2006102301.jpg




2006102302.jpg


ミナミイケカツオです。
奄美の海岸で、干潮時入れ食いになりました。
どうも回遊しているようで、目の前で小魚を捕食し始めないとフライにも反応せずただの徒労に終わってしまいます。
先週木曜と日曜に狙ってみましたが干潮時の潮止まり前後数分間のお祭りでした。
2日間で6匹キャッチすることが出来ました。
型は大体50センチ弱で揃っておりました。
体長とは反対に魚体厚みは非常に薄く華奢ではあるのですが、ひき味は中々でスピードが有り#6のフライラインも引きずりだしていきます。
ぶっちゃけ、#10のグラスロッドも伸されました(笑)
鰭には棘があるので注意してください。刺されると非常に痛みます。


2006102303.jpg


これは、最高に楽しめました。
このオニヒラアジですが#6にクリックドラッグのリールで食わせたもんですから、リールの逆転する音がまさに悲鳴に聞こえるほどラインが出て行きました(笑)
これは、イケカツオに混じってフライを横取りに来たのが見えたので、直ぐにピックアップし直ぐ目の前にフライを叩きつけたところ1発で食いつきました。
久々にアドレナリンが脳内に大量に放出し興奮しましたが、リールのハンドルの逆転に手をぶつけ我に返り、出るだけラインを出しました。
ここからが長くて、翌日は腕を上げすぎていたせいでしょうか首が痛くて痛くて(笑)
贅沢な痛みでした。(笑)


2006102304.jpg


最近お気に入りのパターンで食わせたチヌです。
あまり大きくなかったのですが、自信の付いたフライパターンでの1匹だったので載せてみました。


夏場よりも気温水温も下がってきたせいか、浅場で釣れる魚も活性が上がってきてるのでしょうか?
フライでも魚と出会える機会が増えたように思います。
大分太陽の位置も下がり、サイトでチヌを探す時間も短くなりつつ有りますが天気さえ良ければまだまだ行けると思います。

今年はいつもよりフライをする時間が増えそうだなと思う今日この頃です。


リベンジ! 

仕事がひと段落着いたので久々に平日が休みになりました。

先日は不甲斐ない結果で釣りが終了してしまったので、今回一矢報いるために再びフライロッドを片手に海に向かった。

前回との変更点としてティペットを8ポンドに落としてロッドも#6にし少しでも気づかれにくくする工夫をしてみた。

結果的にうまく行き良型のチヌ1枚ゲットすることが出来ました。
しかし、まだまだ逃げられる場面も多々あり、必ずしもこの工夫によっての釣果で有るとは言い切れないです。

日々精進ですね。

今日の釣果をYouTubeにまとめてみました。






想い出。 

先日、名古屋からU師匠、三郎さん 大阪からLeeさんが来島し一緒に酒を飲みフライフィッシングを楽しみました。

その時の思い出をいつまでも忘れないように画像編集してみました。
まずは自分のカメラの画像で撮った物をアップして見ました。
後日、続編をアップする予定です。

秋の晋作(笑) 

最近、フライチヌを釣ったと大喜びの晋作くん
しっかり、彼女に撮影させてました。(笑)

その裏DVDを嬉しそうに僕に渡すので見ない訳にもいかず見させてもらいました。
こういうことを、世間ではありがた迷惑というのでしょうね?(爆)

お祝いにオリジナルに手を加えてYouTubeにアップしてみました。
皆さん是非是非見てやってください。
ご意見ご感想、ご指導、励ましの言葉などありましたらどうぞ気にせず書き込んでやってください。
本人もきっと大変喜ぶと思いますよ?


本日の釣果。 

200610012.jpg


昨日はちょっとしたお祝いがあり、飲みすぎた体にムチ打って南の海に行ってきました。

最近、ターポンレディフィッシュの機嫌がよろしいということで、流行に乗り遅れまいと二日酔いでボーっとしながらフライを巻いてから出撃しました。
何でもオレンジ色が良いということだったので、赤とオレンジのストリーマを2個ずつ巻いてみました。

まーぶっちゃけ、何の当たりもなく終わってしまいました。
ただ、ターポンのライズは手の届く範囲で何度も見るのですが反応してくれませんでした。

今日一日のうちの半分以上は何も釣れなかったこの場所で過ごしてしまったので、残り時間をどこでチャレンジするかということになるのですが、潮が満潮過ぎでフライをする場所は限られてしまいます。
とりあえず瀬戸内方面に向かって場所を探しながら移動するもどこも難しい状況でした。

結局家路に着く最後のポイントでとりあえず竿を振ることにしました。
ここは数年前にルアーで良型のヒラアジ類が入れ食いしたポイントなのですが、魚の気配はまったくありませんでした。
しかし、この一匹だけフライを食ってくれました。
このサイズになるとコトヒキもいい引きをしてつり人を楽しませてくれます。
200610011.jpg



ここまで釣れなくて最後の場所で釣れる1匹って大きくなくてもすごく嬉しいなぁなんて改めておもった一日でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。