1. ホスティング
:釣り :奄美 :フライ :fly :youtube :ルアー :チヌ :サイト :

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SeaKayak Fly Fishing 

6.jpg


前回からの流れでカヤックフライの可能性を試してきました。

まず最初に試したのは、河口部の広大なフラットポイント。

干潮時からの満ち上げで、チャネルに沿って昇ってくるガラを長い時間狙う。
また、歩きでは中々狙い辛いフラットでのチヌのサイトフィッシングだ。

ガラに関してはチャネルの部分では出会うことは無かったのだが、フラット部で何度か小魚を追い回す姿を確認した。
チヌはかなりの数発見するも、全く反応せず相手にされなかった。
水温が高いのがやや気になるところである。

以上、河口部のフラットでカヤックでのフライに関して手応えは感じたものの、結果は残せませんでした。
無理すれば徒歩でも狙えるポイントですが、帰りのことを考えるとカヤックが有る分安心して長い時間攻めることが出来るので釣果にも差が出るのではないかと思います。



翌日は、満潮時の内湾にて駆け上がり部を沖からカヤックで狙ってみた。

2007852.jpg



向かったの岸から釣れた実績のあるポイント。
狙いはロウニン、ギンガメ、オニヒラなどのヒラアジ類。

岸から数メートル先の駆け上がり部に沿ってカヤックを漕いで行く。
するとこいでいる先に雑魚の群れ。
とりあえずフライを振り込むも無反応。
近づいて行くとカヤックの下に2キロはありそうなギンガメアジの群れが・・・。
もう一度フライを沈めストリップしてみたがやはり反応しない。
ん?潮が合わないのか、見えてただけに悔しい結果に終わった。


場所を移動し底物を狙えるポイントへ。
ここは、岸と養殖筏の間の駆け上がりを流れながらフライを送り込む。
このポイントでは狙い通りスジアラを2匹釣る事が出来ました。
その他、ヤミハタを数匹釣る事ができた。



2007853.jpg

2007854.jpg

2007855.jpg



カヤックを使いフライで魚を狙うとすれば、駆け上がりを沖から狙うのがもっとも効果的だと思う。
もしくは、水面近くに浮いている魚を狙い撃ちか?

ルアーであればメタルジグを使って水深があるところでも効率よく攻めることが出来るが、フライでは効率が悪いように思える。

まだ、この分野は未知な点が多いですが続けていけば手軽で案外面白いかもしれないですね。


スポンサーサイト

コメント

いいね~!

以前、パタゴニアのカタログの中に、カヤックでマグロ!って記事がありました。
フライで掛けたはいいけど、陸が見えなくなる位の所まで引っ張られて行ったそうです。
奄美ならそんな体験も出来そうですが、命がけですね~!僕もフロータとかポンツーンボートでフライしますが、ほんと楽しいですよね~!

>>yoshiさん

又、違った攻めが出来て面白いですよねー

昔、カヤックからライトジギング中にちょっと良い型の魚が喰ったみたいで無理やり止めようとドラグ締めこんだらひっくり返りそうになったことが有りましたよー(笑)

おおぉ♪

楽しげな遊びじゃ♪
わんも組み立て式のファルトボートでだいばん狙ってみらんば。
そうそう、昨年いっつも会長が行く度カメを見てたという某所。
ザコの群れが入っていて、(たぶん)ロウニンち思うけど、見た目70アップが計5匹。
ぎゅんぎゅん泳いどったどぉ♪

>>naoshi兄

ご無沙汰ですー!!

その某所ってどこでしたっけ?(笑)
今度コソッと教えてくださいねー

70アップのロウニンならウハウハですね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://swfishing.blog8.fc2.com/tb.php/124-c51173ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。