1. ホスティング
:釣り :奄美 :フライ :fly :youtube :ルアー :チヌ :サイト :

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TypoonNesat 

台風4号は、明日奄美に接近するようだが影響はあまり無さそうだ。
奄美にとっての台風は、無くてはならないもので海水をかき混ぜ海水温の上昇を防ぐという役割がある。台風が少ない年は珊瑚の白化現象が起こり、海の生態系を崩してしまう。
この台風、台風4号という名前のほかに名前があることを知り台風の名前についてちょっと調べてみました。
台風は、大まかに3つの呼び名に分かれます。
アジア・北西太平洋地域では、Typoon(台風)。
アメリカ・北中米地域では、Hurricane(ハリケーン)。
その他の地域では、Cyclone(サイクロン)。
サイクロンというのは低気圧の総称であって、さらに気候的に細かく分けるとTropicalCyclon(トロピカルサイクロン),ExtratropicalCyclone(エクストラトロピカルサイクロン)と
分かれるようです。
本題の名前ですが2種類に分かれます。
番号方式とリスト方式です。
番号方式は、日本で一般的に使われている台風・号という表記の仕方で、さらに細かく西暦の下2桁をつけて表記する方式です。
次にリスト方式ですが、日本の場合は2000年よりアジア太平洋14カ国の気象機関で構成された台風委員会よりあらかじめ決定していた台風名のリストより発生順に選んでいくという方式です。世界的にみてもこのリスト方式が多数派のようですが、日本ではあまり認知されていないようです。
このアジアの台風名リストは140個よりなっており、日本の気象庁からは星座から名前を採ってます。
また最後140番まで来ると、一番最初に戻ります。
年間平均26.7個の台風が発生しているので、約5年で一巡することになりますね。
今回の台風4号はリストの127番目で、カンボジア語で「漁師」を意味する「Nesat」ネサットという名前がついてます。
このリスト名ですが欠番にすることも出来るようです。
甚大な被害などをもたらした場合、いつまでも記憶に残るようにするための措置であると思われます。

今回台風について少しであるが知ることが出来た。
奄美に居る以上、これからも台風と付き合っていかなければならないのでよい機会となりました。



6.7tebiros.jpg

今日の手広海岸です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://swfishing.blog8.fc2.com/tb.php/17-32e8e578

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。