1. ホスティング
:釣り :奄美 :フライ :fly :youtube :ルアー :チヌ :サイト :

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蝶々の島 



奄美でも有ります。
の多さとの多さは比例してるのでしょうか?


あまりにも魚がつれなくて々を追っかけてみました。
散歩のおじさんにガン見されながら(笑)






これはじゃないですよね(笑)



ということで、お約束!
本日のチヌです。






久しぶりに45センチ級のチヌが釣れました。
かなり分厚い魚体でしたねー







画像のように、背中が黄金に輝くちぬでした。
同じチヌでも、釣る場所によって本当にに違いがあるので面白いですね。
最近チョっと、いいカメラになったので(笑)
実際に釣ったチヌに近づけて現像出来るので、ブログを見てる方々にもの違いがハッキリとお伝えすることが出来ると思います。



しかし、このチヌ内湾のチヌなのでそれほどスピードは無かったですねー
トルクのある引きは充分楽しめました。


最後に、久々に結構良いターポン喰ったのに一発目のエラ洗いでフックアウト!
やっぱり嫌われてるようです。(笑)

ぼくも古代魚はどーもよろしくない!

NOWwii魚探さないと(笑)

スポンサーサイト

コメント

来週

やっとチン釣りに行くことができます。ちょうど干満差も少なく、去年一年で6月、7月が一番活性が高かったと思うので楽しみです。
NOWii魚=骨魚?

なんか

こっちのほうが奄美自然学校のブログっぽいんじゃない(笑)

>>MOMOさん

骨魚も古代魚の仲間なのできっと嫌われてると思います。
やっぱりこの時期ナウイ魚はロウニンアジでしょう。



>>島人ながえさん

昨日ぐらいから奄美不自然学校の校長に着任しました。
どうぞよろしくー(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://swfishing.blog8.fc2.com/tb.php/187-53a0e99f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。