1. ホスティング
:釣り :奄美 :フライ :fly :youtube :ルアー :チヌ :サイト :

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤土の海。 

いつも、きれいな海を紹介してきましたが、今日は裏の奄美の海を紹介してみたいと思います。
昨日、今日と豪雨と言えるくらい激しい雨が降りました。
私は仕事で笠利町におりました。
笠利町は奄美の北部に位置しており、コバルトブルーの海、白い砂浜の海岸が数多くあり、陸は比較的なだらかなところが多いのが特徴です。
とても、激しく雨が降っていたものですから気になって海を見てみると、やはり予想どうりの光景が広がっておりました。
akatsuchi2s.jpg


ここは、大潮で潮が引けばリーフ釣りをする人が集ってくるポイントなのですが、このような光景を見る限り、どのような魚が釣れるのかが気になります。
開発によって赤土が大量に海に流れ込めば珊瑚の上に積もり、行く行くは死滅してしまうだろうと聞きました。そして、沖縄本島がその例だとも。
最近は、赤土の河川流入対策も厳しくなってきているようですが、はっきり言って見えて来ません。

実際のところ赤土の流入は、ここだけでは有りません。
今や、雨が降れば島内あちらこちらの河川、河口が赤茶色に染まっています。
奄美大島を世界遺産に申請・登録しようという動きもある中、このような状況のままで本当に良いのでしょうか?

手遅れにならないうちに、行政と民間とで何らかの対策を打ってもらいたい物です。

スポンサーサイト

コメント

はじめまして。

>>masaさん
書き込みありがとうございます。
私のことは、kamazzの方で正体はバレてますね。(笑)
ここは私一個人のブログなので、気兼ね無くどんどん書き込みお願いします。
これより、masaさんのblogにお邪魔させていただきます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://swfishing.blog8.fc2.com/tb.php/19-3428b800

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。