1. ホスティング
:釣り :奄美 :フライ :fly :youtube :ルアー :チヌ :サイト :

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チヌ釣り大会後記。 

ここ最近、夜の付き合いが立て続けに有った関係で、予定を大幅に過ぎてしまいましたが、やっとブログで紹介することが出来ます。(笑)

日曜は、天気予報どうりの大雨。
この土砂降りの中、13名もの釣りバカが集り、皆思い思いのポイントで竿を振り続けました。
私は、8時頃にヤニュウのポイントより始めました。
久々のルアーに多少、戸惑いましたが何とか一枚チャッチしました。


chinu2s.jpg



実は、この時点で他の仲間が1キロアップをキープしたことを聞いていたので、写真をとって海に返しました。
もちろん「オヤジを連れて来い。」と言うことを付け加えて。(笑)
その後、雨の降る中4時間そのポイントを行ったり来たりしました。
普段ならあちらこちらのポイントに移っていくのですが、あまりにも良い型のチンがルアーに付いて来るのでハマッテしまいました。
チンは付いてくるだけで、活性の高いときのような吸い込みながら喰い付くような反応が見られませんでした。そして、人影に気づきロケットのように沖に向かって素っ飛んで逃げていきます。
しかし、口を使ってルアーを突付くようなしぐさをしているので、干潮より満潮に潮が変わったときにチャンスが来ると踏んで、粘ってみましたが潮が変わったらすっかり居なくなってしまいました。

今回の狙いは当たっていたと思いますが、潮が合わなかったという結論に達しました。(これしか言いようが無い!(笑))
その後、もう一箇所風裏のポイントで闇雲にルアーを投げまくったのですがノーヒット。残り30分残し納竿しました。

その後、各自釣れたチヌを検量してみると、3名が最大の1.2キロで並びました。やはり順位を付けなければならないので体長を比べて見たところ
数ミリの違いで明暗が分かれました。

cyoukas.jpg


改めて検量していたチンを見たところ、私がリリースしたチンと大して差は無かったのではと思い一瞬後悔したが、優勝出来なければ無駄な殺生(時には、おいしく調理し頂くことも有ります。)になってしまうので、やっぱりこれで良かったと思います。

今回、一箇所のポイントにこだわってしまい無駄な釣りが多くなってしまった。
やはり、大会のときは一箇所にこだわるよりも数箇所のポイントを廻った方が有利であったのではと感じました。
 
ところで今、名瀬の長浜、山羊島堤防でカツオが釣れているらしい。
近々、ルアーを持って偵察に行ってみようと考えている。

スポンサーサイト

コメント

あの大雨で13名もの方々が釣りしたなんてスゴイです。釣りバカです(笑)

アントンさんも上位に食い込めそうなチヌゲット!でも優勝にこだわるその姿勢、さすがです。でもリリースして正解でしたね。

あんなに大雨だったのにもかかわらず、懲りずにますますファイトを燃やすアントンさんはホントに相当な釣り好きですねぇ(笑)

今回の記事読んでて光景がとてもよく伝わってきました。説明もわかりやすかったです、って初心者向けに説明されてるワケではないと思いますが・・・私が少し意味が分かるようになってきたのかな!?次回も釣果期待しています。








>>おいもさん

どーもありがとうございます。
普段から雨に打たれることは慣れているのですが、先日は結構きつかったっす。

私、文章力が無いもので言いたいことが伝わっているか時々心配になります(笑)。
なるだけ釣りの知識がない方でもわかる様な文章作りを心がけて行きますね。
もし解からないことが有りましたら、教えて頂ければ自分の勉強にも成りますし、有り難いです。
次回は、ルアーかフライでカツオを狙ってみたいと思います。
多分、釣れんかも(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://swfishing.blog8.fc2.com/tb.php/21-8ef5451c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。