1. ホスティング
:釣り :奄美 :フライ :fly :youtube :ルアー :チヌ :サイト :

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒鯛が釣りてぇー 

1


まずはこいつで肩慣らし

2

最近お気に入りにのポイントは型が揃って面白い




3

しかし、いつでも居ると思ったら大間違い




4

昨日釣れたからといって、今日時間を合わせて行ってみたが全く姿が見えず

仕方が無いのでさっさとポイント移動




5

型は良くないものの見つけた黒鯛の数は3桁確実



6


久しぶりのチヌのスクールが次から次へと
あまりにもチヌが見えすぎるので、緊張感が抜けて時間と共に雑になる

こうなるといかんですねー
スクールを散らしてばかりで。

しかし、この場所で5枚釣ることが出来て大満足。


動画もかなり撮ったのですが時間が無く編集断念

次回徳之島より帰って来たときの楽しみに取って置きます。


さてさて、今回徳之島に行くにあたって#6のフライロッドとチャーリーを準備してみました。
コレをもってチヌのサイトポイント開拓をしてみたいと思います。

そこで、ひとつ提案があります。
グーグルアースで気になるポイントを発見していただき、リクエストしてください。

出来る限り回ってみますが、基本砂浜でお願い致します。
リーフですときりが無いので(笑)

今のところ唾つけてるところで、徳之島空港滑走路と浜の間のフラットと花徳の浜
リクエストいただいたところで山の砂浜
この、山のポイントはオバちゃんが餌釣りでボーンフィッシュを釣っていたとの目撃談あり

これは楽しみですね。



そうそう
釣りの最中に傷ついてか飛べない鳥を保護しました。


SDIM4911


この鳥が助かるならと思い、直志兄に電話してみたところ奄美動物病院で見てくれるとのことでした。
早々に釣りを切り上げて家に帰ってきたのですが、残念ながら死んでしまいました。

でも、無駄ではなかったと思います。

子供と見て触って色々話すことが出来ました。
きっと彼の心に残っているとおもいます。
ずっと忘れずに居て欲しいですね




スポンサーサイト

コメント

さささ・・

3桁見つけたたぁ~
やっぱり、現地人アントンだわv-91

鳥さん、残念でしたね、
今日、徳之島に帰るのですよね
気をつけて、行って下さい。

>>教授さん

ここのポイントは、白い砂地がポイントで太陽さえ出ていればとても魚が見つけやすい場所ですよー

今回、10匹前後の群れが次々と1時間以上続いてましたからねー

ここも確実ということは無く、たまたまタイミングが良かったのでしょう。

ではでは、そろそろ出発いたします。

お楽しみにーv-222

あっ!

シロハラじゃなくて、クサシギじゃ。

せっかく保護したのに残念だったや!

いろいろ意見はあるけど、人間のせいで傷ついた鳥なわけだから、
やっぱり保護してできる限り助ける努力をしたほうがいいち思う。

クサシギもアントンには感謝しとったはずど~♪



>>島人ながえさん

今フェリーの中からです
鳥の事は自分が出来る事は出来たので良かったと思います。

また、傷ついた野生動物を動物病院で診てもらえることも分かり、また皆さんにもお知らせする事が出来たので良い機会だったと思います。


余談ですが後ほど、伝書鳩を海上から放ちますよー(笑)
どうなることやらw=(゜o゜)=w

イイネ

タイトルと違って
いっぱいイジメテルし~
三桁って何?!
黒鯛ツリテ~!!
ガラもツリテ~!!

>>JOEさん

最近徳之島に来てて黒鯛が釣りたいなーという欲求が溜まってて今回はこんなタイトルにしてみました(笑)

結果首尾よく大満足

たまにはこんな事あっても良いですよね!

次は徳之島のチヌをイジメてやるぞ~>°))))彡

すごいです

昨年の11月から奄美大島で釣りを始めました。面白くてはまってます。念願のチヌも釣れましたが,すごいですね。場所とかは教えていただけないのでしょうか??

>>akihitoさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

11月から釣りを始められたそうですね!
今、とても楽しい時期だと思います。


楽しいと思えたら、あちこちのポイントに足を運ぶことになると思います。

すると、自然とポイントの選び方、潮汐、風、釣り方が分かってくると思います。

そんなことを考えながら自分だけの場所を開拓する。
僕は釣りの醍醐味一つだと思います。



このブログでは不特定多数の方が見てるので、地元の方に配慮し特定できる地名は書き込まないうにしてます。
申し訳ございません。


どうしても情報が欲しいというときには、所属釣りクラブTheKamazzの大会に一度参加されてみてはどうでしょうか?
肩肘張った大会ではないので気軽に参加できますので。

その後の打ち上げで、和気藹々焼酎でも飲みながら情報を得るというのがお勧めです。

地元の事情通がたくさんおりますので。(笑)


ではでは、いい釣りを!
またのコメントお待ちしております。




コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://swfishing.blog8.fc2.com/tb.php/219-c6371ab7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。