1. ホスティング
:釣り :奄美 :フライ :fly :youtube :ルアー :チヌ :サイト :

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養殖クロマグロ釣り。 

今日は、おいもさんの所で養殖マグロの話があったので私の経験談を。
2年くらい前だったと思うのですが、宇検の養殖筏よりクロマグロが逃げたということを聞きつけ、職場の仲間と手漕ぎボート(よく公園の池などでデートに使うような小さな船)よりジギングでクロマグロを釣ろうということになり行きました。
最初は半信半疑だったのですが、確かに釣れている様子だったので気合いも入りました。
遠くより釣れている様子をうかがっていると、群れで行動しているのか魚が掛かる周期が有る様で、魚が掛かる場所もほとんど決まっているようでした。
確かに少しはなれた場所では、あたりの数が違ったように思います。
そこで、小さい船の機動力を活用し当たっている漁船と漁船の間のわずかな隙間にもぐりこみました。
そしてずばり狙いは的中しました。
確か、水深は50メートル前後。
しかし、喰ってくるのは水面より10メートル付近。
なぜか、大きな200グラムのメタルジグよりも50グラム前後のジグがよく当たりました。
最初の引きはやはり強烈でしたが、運動不足のためかすぐに息切れして、ファイトは長続きませんでした。
しかし船を筏に結束しているため、マグロを掛けても筏を固定しているワイヤーロープにあたり運が良くないと取れないという状況だったので捨てたジグは、十数個。
その中で、運良く2匹のクロマグロを釣り上げることが出来ました。
どちらも、25キロ有りました。
次にあがった問題は、水面より船に取り込む際暴れるので一瞬戸惑いました。そこでギャフで引っ掛けナイフで急所を突きまくり天に召された所で取り込みました。(合掌)
その後帰りの船は、あと十数センチ沈んだら沈没というような状況で結構冷や冷やしながら岸まで漕ぎました。
そのクロマグロですが、赤身は有りません。
普通の赤身の部分が中トロになっており大トロの腹ガワ付近は、油しか有りませんでした。
配って食べた人ほとんどの人が、最初の一切れは旨いんだけど・・・。
という感想ばかりでした。(笑)
今思えば、ネギトロにして食べたらよかったかも、と思いました。
ネギトロ巻きだったら何巻出来たのだろうと思う今日この頃です。



20050625215556.gif




みしょーれ奄美 魚の橋

スポンサーサイト

コメント

TBありがとうございます

今日釣りに行かれたようですね。チヌリベンジ!ですねぇ~。久々に午後から晴れ間が見えたので充電するにはとても良い気候だったのではないでしょうか?
北奄美は遠浅で本当に景色がいいですよね。うちからだとかなり時間がかかってしまうので、行くのにはアントンさんよりもっと気合が必要で・・・でもドライブするには最高の場所だと思います。

で、この養殖マグロ釣りの件ですが、TBありがとうございます!!冒頭から「おいもさんのネタをパクッテ(ってそんな風には書いていない、笑)」と自分のブログネームが載ってたので驚!ました。シャイなもので(え!?)コメントが遅くなってすみません(笑)
マグロ釣りすごいですねー。写真もすごい。リアルです。私の軽いタッチのマグロ記事とはワケが違います(汗)
養殖なだけに身も脂だらけだったんですね。知らなかった~。手漕ぎボートで釣りに行った記事は笑っちゃいましたよ。

いつもいつも勉強になります。今回も初心者向けに書いてくれましたか?楽しく読ませていただきました。
これからも奄美釣紀行読者として読ませていただきますね!

コメント長くなっちゃってすみません。

>>おいもさん

毎度!!ありがとうございやす。
いつも楽しいコメントをありがとうございます。
逃げたマグロに「ビビッ」っと来ました。
今では、笑い話で済みますが結構デンジャラスな釣行でした。(笑)

さてさて、北大島は景色良いですよね。
釣りにしてもロケーションがまさに南の島と言った感じで充実感、満足感が得られます。
こんな場所で釣りをしていると、「釣れなくても良いや。」という気持ちにもなってしまう時が有ります。こんな時はやはり釣れません。(笑)
でも、自分的に釣りに関しては南が結構お気に入りです。
冬場は、風裏が簡単に探せるからエギング(烏賊釣り)し易いし、養殖筏も多いので魚影も濃いです。ただ、フライはやり辛いです。
フライの場合は後ろのスペースも必要なので、満潮時には狙える範囲も限られてしまう物で。
北には北の南には南の良いところがそれぞれ有るので、それぞれ上手く選択しながら釣りを楽しめたらと思います。


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://swfishing.blog8.fc2.com/tb.php/22-90adc831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。