1. ホスティング
:釣り :奄美 :フライ :fly :youtube :ルアー :チヌ :サイト :

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンノジ 

サンノジ


顔の似合わず引きが強いサンノジです。

今回は前回に続き沖堤上物釣りです。

島に居るときは滅多にフカセはしないのですが、徳之島に来てるメンバーがエッサマンなので仕方なく付き合ってやってみた所、これがなかなか面白い(笑)


なぜあまり餌釣りをしないかって思うでしょ?

それは沖アミが臭いからです。


それさえ無ければもっとハマっていたかもしれません。


さて今回のサンノジことニザダイはルアーやフライではめったにお目にかかる機会が少ない魚です。

しかしそのパワーは強烈でクロ以上とも言われる魚です。
マジ凄い引いて楽し過ぎる!



この魚が沖堤ではウヨウヨしててかつ、型も良い。

ほとんど50から60センチクラスでしかも擦れて中々手ごわいのだ。


この魚をどうにか釣ってやろうと熱くなって来るのが釣り人の性なんでしょうねー


早速、デュエルから出てる安い天狗浮子を足下に投入し、撒き餌に同調させ沈めて行くとバシッとロッドに手応えが

一発目はドラグか緩すぎ足下に突っ込まれラインブレイク。

おろしたての浮子ごと持って行かれました。

この浮子は浮子下を短くとるので捨てる確率もかなり高いとこの時初めて分かりました。


次からはもーチョー強引に勝負しました。

今は無きNFTブランドの2号の磯竿に道糸5号。

ハリスは2.5号ドラグきつめにしてさらにスプールを手で押さえて最初の走りを力で押さえつけ勝負しました。

これでなんとか2枚釣り上げる事が出来ました。

竿はシッタ曲がり
やっぱりNFTの磯竿良いですねー
もう10年前の竿です(笑)

やっぱりその後食いが落ちたので試行錯誤しながらハリス1.5号まで落としましたが、持たずに切られました。

ホント切られまくりでした。
まだまだ下手くそだなーなんて。

まーなんとか2号までなら強引に止めて勝負出来るとは感じる事が出来ました。

いつか尾長と勝負するときの為の、良いデータをとることが出来た今回の釣りでした。


釣った魚はカレーパウダーをまぶしてフライにして全て頂きました。

結構磯臭いのですが下処理さえすれば、おいしく食べることが出来ます。
臭い魚が嫌いな僕が食べることが出来るんですから(笑)

それではまた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://swfishing.blog8.fc2.com/tb.php/222-463398fc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。