1. ホスティング
:釣り :奄美 :フライ :fly :youtube :ルアー :チヌ :サイト :

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男釣り三昧ロッドリベンジ祭り。 

今日は昨日、日曜のことを紹介したいと思います。

土曜は、おろしたてのフライロッドに狙っていた鰯が神憑り的に釣れてしまいビックリしました。
その時点でフライフィッシングは満足してしまい、日曜はゴールデンウィーク以来久しぶりにシーカヤックでライトジギングでもしてみようかと思いました。
以前ここで紹介したことがあるかと思いますが、テンリュウのライトジギング用のベイトロッドとアブガルシアのベイトリールのセットを格安で譲ってもらったと書いたことが有りましたが、まだ自分自身一度も使ってなかったので使ってみようということも有りました。

この日は、予報通り曇り空。
カヤックでライトジギングするならこのくらいが丁度良い。
ポイント選びは、カヤックと言う性格上、外海ではリスクが大きくやはり波穏やかな湾内となる。魚探など無いので、目で見てわかる障害物周りなどが良いだろう。もっと判り易く言えば、養殖筏周りが格好のポイントとなる。
ただこのポイントは、筏固定用のワイヤーが張り巡らされているのでラインを切られるリスクが高く、また養殖業者の迷惑に成らないようにしなければ成らないので気を使う。

実はこの竿は、前の持ち主とともに今回ジギングをしたポイントで魚に走られて2度ほど切られている前歴がある。
そのポイントには、カマジィ(ローニンアジ)が筏の周りに付いているという情報を元に釣ってやろうということで向かった。僕のGTロッドのメタルジグにも喰いついたのだが、走られないようにドラグを強めに設定していたために、竿が伸され海面に刺さったまま起こしきれず、ワイヤーに巻かれてしまった。それ以外にも多分筏から逃げたであろう4?5キロのカンパチが岸から届く距離で入れ喰いしたりと、とても魚影の濃いところである。
今回この4?5キロのカンパチを釣って、借りを返して魂を入れなおしてやろうと決めた。

PEラインは2号。ショックリーダーは、フロロカーボン14号。
ルアーは、メタルジグ30グラムから80グラムとシイラ用のペンシルポッパー、シンキングミノーを用意した。
まず岸伝いにトップを攻める。
すると、魚の大きな群れを発見しミノーにチェンジし投げるも反応せず群れが散ってしまった。ボラの群れであった。
次に、沖合い30メートル水深20メートル位のところを数回流しながらメタルジグをしゃくってみる。運悪くワイヤーにジグが引っかかりロストする。
その後反応はなし。
さらに移動し沖合い50メートル水深50メートル位のところの筏と筏の間に設けられた作業船の通り道付近。
ここは、比較的ワイヤーが少ない。
丁度筏に船をくくりつけ餌釣りをしている人が居たので、その釣師の撒き餌の恩恵を受けるべく、潮下付近でシャックていると「ガッツン」という当たりがあり、すかさず数回フッキングをする。その刹那、破壊的な走りとともにリールが悲鳴を上げ出した。
とっさにドラグを指で押さえ駄目元でドラグを締めこんだとたんカヤックが横に傾き危うく倒れそうになり、後は運任せでドラグを戻した。
後で、確認したがそれでも結構な強さのドラッグ設定であったのだが止まる気配は無くどんどんラインが出されていく。
十何秒走りっぱなしであっただろうか。
一瞬走りが止まり、ロッドをリフトアップしラインを巻き取ろうとしたが、全く浮いてくる気配が無く、ただカヤックと魚の位置が垂直になろうとするだけであった。するとまた走り出しその後すぐにバレテしまった。
ラインが高切れしていたので、ワイヤーにでも当たったのだろう。

通常のジギングで来る当たりより強烈な引きだったので、おそらく相当なサイズのGTであったのだろうと推測される。カンパチであれば頭を振るのですぐに判るので。
さすがに、切れたときは悔しいという思いよりも、良かったという思いが強かった。
一時、頭の中が真っ白になり呆然としてしまいました。
その時「ふっ」と浮かんだのは、
「もう、帰って子供を連れて笠利の隠れ浜に遊びに行こう。」
ということでした。
早速、釣りを止めて帰ることにしました。

4?5キロのカンパチで良かったのに、あまりに大きすぎる魚が掛かってしまい、手応えは楽しめましたが魚の姿を拝め無かったのが残念です。
またもや、前回の再現となりこの竿のリベンジを果たすことが出来ませんでした。
もう少し大きな船でなければ取りきれないと思いますが、またいずれ準備を整えチャレンジしてみたいと思います。


08071.jpg
切られた直後。頭の中は真っ白での一枚。




0807karaiwashi.jpg
土曜のカライワシ。魚体が美しいので追加します。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://swfishing.blog8.fc2.com/tb.php/35-9170c8d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。