1. ホスティング
:釣り :奄美 :フライ :fly :youtube :ルアー :チヌ :サイト :

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターポン釣り。 

最初にお断りしておきますが、月曜にパソコンがおかしくなってアップが遅れてしまったので日時が狂ってます。1日の日曜にアップした物と考えていただければ幸いです。

天気もよく最高の釣り日和。
まだまだ、奄美地方は夏真っ盛りだ。
ただ、昨晩の酒がなかなか抜けずに頭痛がひどい。
 
今日ターポンを狙うこととなった情報を聞いたのは、昨晩の酒肴の席での話がきっかけである。
昨日、kamazzメンバーのマー坊兄が良い方のターポンをある漁港でフライで掛けたがバラシタとのこと。
こんな、話を聞けば行きたくなるのが釣り人の性。
情報は新鮮なうちにと言うことで、ガンガンする頭のコメカミ付近を指で押しながら向かったのは、某港。
まだ誰も来ていない様だ。
早速ある程度のポイントは解かっていたのでその海面を眺めると、何とターポンらしき魚影がウヨウヨいるではあ?りませんか。
どれも皆よい型だ。
焦る気持ちを抑えつつ、さかき会長に連絡をとる。
最初の一声はお約束の
「入れ喰いですよ」(爆)
ややフライング気味のスタートをするとなると「誰かに教えないと」という気持ちが心の底に沸き起こってくるのです。
こういうことを、罪悪感と言うのでしょうか?(笑)
一応会長に一通り説明するとすぐに来るとのことであった。
会長が来る前にとりあえず1匹は上げておきたいと思ったのだが、最初の2?3投目までは今にも食いつきそうな勢いでフライを追ってきたが、暫くすると反応がイマイチとなった。
そして、会長が到着した数分後。
クレージーチャ?リーをピックアップしようと足元に寄せてきたときに、突然海の底より大きな口を開けたターポンが、フライを飲み込み反転するのが見えた。
とっさに、数回アワセを入れる。
うまいこと針掛かりしたのだろう。
外れなかった。
第一関門クリアーと心の中で思った。
あまり引かない魚だと聞いていたので幾らか余裕が出来たが、このときのティペットは、1.5号(6ポンドテストクラス)のフロロカーボン直結。
あまり無理も出来ない。
最初の一瞬だけ走ったがすぐにゆっくりとなる。
竿を船の係留ロープ一つくぐりぬけ右手に移動し有利なポジションに移動しファイとを開始する。
いつ走られても対応できるようにドラッグは緩めにし、ポンピングするときは指で抑えながら持ち上げようと、リールに指を掛けポンピングしようと竿を持ち上げようとしても竿が半円を描くだけで、なかなかターポンは上がってこない。スピードは無いがとても重く力強い引きだ。
#8ロッドでもパワー不足を感じた。
時より水面近くに上がってきた魚体を見た感じメーター近くあるのではと思うくらい長く、そして体高も15?20センチは有るのではと思うほど大きく見えた。
これを見たらチョっと無理っぽいか?なんて思いもした。
取り込みに使おうと持ってきたのは、イカギャフだけ。(笑)
タモ網もってないんですよ?(泣)
依然周りには、係留ロープやブイなどがあるのであまり泳がせすぎても、ラインブレ?クしてしまうと思い、魚の進む方向を変えることが精一杯の手段であった。
しかし、魚は弱る気配を見せるどころか元気になってくるのが解かる。
いったい何分間くらい一進一退を繰り返したのであろうか。
痺れを切らした僕は、空気を吸わそうと水面近くに浮いてきたターポンを半ば強引にラインにテンションをかけたその刹那、ジャンプし首を振ったかと思えば竿が急に軽くなった。
「あっ」
その一言ですべてが終わった。
フライが口から外れてしまった。
あの嫌な感触は一時、尾を引きそうだ。


今回の反省点は、まずタモ網。
これが無いと大判はかなり厳しい。
そして、もう1周り大きなロッドを使っても良いかと思う。
結構型が揃っていたので。
ティペットはもう少し太くても良かったのではないかと思う。
僕より太いティペットのさかきさんのフライに当たって来ていたので。

この辺りを改善すれば次回行けるのでは無いかと思います。



ファイトシーンの画像はこちらより
kamazz.exblog


golden_fly_tarpon.jpg
まさにこのイメージ。

スポンサーサイト

コメント

1.5号だって!?なんて無謀な!
ちゃんとショックリーダー付けてるなら分らないでもないけど・・・
はやいとこキャッチして記録を申請してね!

夜釣り

昼間は暑いので焼酎を我慢して夜釣り
が良いんじゃないかな?怪しく光るストリーマーでガッポと食わせますよ~~!

蓄光

怪しく光るストリ-マーですか?
蓄光系マテリアル必須ですね。

ただ塗るだけなら「るみっこメディウム」が結構強烈に光ります。
www.lumicco.com

>>comparaさん
いったい何個のフライを係留ロープにプレゼントしたことか。(笑)
精進いたします。押忍っv-356

>>さかきさん
お~ナイトフライですか。
確かに夜、目を光らせて泳いでいると言う情報がありました。
でも、行く時は一緒にお願いします。
怖いですから。

>>KenYanさん
参考になります。φ(.. )メモメモ。
ところで~余っていたら下さいな(笑)

冷蔵庫で・・・

パソコンを冷やしていたアントンさん(爆)その後の調子はいかがですか?
v-276「熱いから冷やした」ってゆーアントンさん、かなりおちゃめv-426


メーター級のターポン・・・すごいですね。ポイントや状況を説明したらすぐに集まるメンバーの方々のフットワークってスゴイv-425


私だったら姿が見えただけで驚!v-15腰を抜かしてしまいそーです。てか、重そーで上げられないかも・・・最近体力ないしなぁーe-254笑。

ターポンのくやぢ~リベンジ楽しみにしていますよー!v-218

扇風機でPCを冷やすってのは、ちょくちょく聞くけど、冷蔵庫とは恐れ入りました・・・v-12
夜釣りのときは、間違っても陸上の目の光るニョロニョロをキャッチしないように。
あっ、その方が小遣いにのなるかぁ~

>>oimoさん

相変わらず調子の悪いパソコンでゴマカシゴマカシ使って居ります。v-390
昨日午後、チョッと時間が取れたのでポイントに行って来たのですが、あれだけ居たターポンの姿を発見できずに退散しました。v-355
いったいどこへ行ったのやら。v-394

>>comparaさん

カマジィの某プロは昔、光る目をした動物をルアーで釣ったそうです。v-419
何だったと思いますか?
山に向かって凄い勢いでラインが出っっぱなしぃ~v-456そしてサヨナラ~だったそうです(笑)

山と言うからは山羊かな?
けど、きっとニャンコでしょう。
きっと港の岸壁沿いにキャスト、堤防上に落ちてしまったルアーにじゃれついているうちにフックアップ!
あっ、これはボクの友人の体験談でした・・・・v-12

>>comparaさん

あ~おしい!!
正解は、やぎさんでした。メェ~
半分正解と言うことでv-48

ところで、ターポンフィッシングで#10ロッドが活躍しそうです。
東京に行ったときにインターミディエイトのクリアーシューティングヘッドを入手してきたので早速狙ってきたのですが居ませんでした。まさにロッドに刺繍されたターポンを釣るべく、奄美に来たロッドでは無いかと思います。
お~釣れそうな気がしてきたぞ~(笑)

どうやらサバロでモニックのクリアフローティング#10を購入したんは正解じゃった。

次回はこいつを持っていこう。

>>KenYanさん

今日の夕方にポイント行って来たのですが気配なしでした。
いつになったら戻ってくるのかターポン軍団。v-229

あれ?

3連休釣りはいかがでしたかー?
更新されていないので「あれ?」と思いましたが・・・
「あれ?あれれ?」
なんだかブログがカスタマイズされているではあーりませんかぁぁ。

で、で、音楽聴きましたよ!
いつもおいもはヘッドホンで音楽聴きながら夜中のゆいいつの自分の時間を楽しでいるので、今日はオススメ音楽聴きながらwebしましたよー。
いいですね、この音楽~。

てか、この音楽視聴?いいですね、私もダウンロードしてブログにつけようかなぁーと思いました。

あ・全然この記事と関係ないコメントですみませんっっ。
連休記事楽しみにしていますよ!

ぅわはは!,写真が,,ぅわはは!!!
HN変えなきゃ,,,ぅわはっ!!!

>>oimoさん

v-342音楽良かったですか~。
jazzyなヤツも良かったけど、教授ぽかったのを選んでみました。v-322

良いと思ったものは、どんどんパクって下さい。僕も良いのが有ったらすぐにパクって来ますんで。v-397

>>KenYanさん

よい感じでしょ!せフォ~!!
自分でも結構似ているな~なんて思ったりもします。
どこかのブログでデビュ~するかもフォ~(爆)

おっ、昨日と画像が変わっとるがね・・・。
アントン君は、南海の黒豹ってよりも南海の黒猫ってとこかな?

ちょっと表に行って撮影してみましたv-8

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://swfishing.blog8.fc2.com/tb.php/47-01415b43

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。