1. ホスティング
:釣り :奄美 :フライ :fly :youtube :ルアー :チヌ :サイト :

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザウルストレイン 

ザウルストレインと聞いて、ルアーをされる方ならピンと来たと思いますが、2003年に倒産したザウルスがザウルストレイン有限会社として復活してました。

ザウルスといえば、バスプラグのバルサ50という国産初のハンドメイド量産クランクベイトのメーカとして有名です。
熱狂的なファンも多く、いつかは復活するだろうと思っていただけに僕自身、ザウルスのHPを見つけたときはうれしくてブログの記事に早速取り上げようと思いました。

最近は、フライばかりでルアーをする回数はメッキリ減ってしまいましたが、僕が持っているルアーロッドの中でも一番多いメーカーであることに今、気がつきました。(笑)
トラウトロッドとGTロッドとジギングロッドの3本所持してました。

ザウルスのロッドと言えば僕には結構好印象である。
良く言えば個性的でこだわりがあるが遊び心も有るといったイメージ。
大手総合メーカーでは作れないような特徴的なロッドが結構あったりで面白かったんですが、悪く言えば採算度外視のマニア向けといった感じになるのでしょうか?
たとえば、船からのシイラ青物狙いの竿でバット(リールシートから後ろの部分)が極端に短く腕と体と竿を一体化(手首の力が相当無ければとても扱えない・笑)してファイトするコンセプトのロッドだとか、ジギングでロッドがショート化が主流となっていく中かたくなにロングロッドにこだわってラインアップされていたり。

そんなところが夢が有るメーカーだなーなんておもって注目してました。

新生ザウルスとなって上記のあたりが気になるところですが、僕自身の気持ちとしては、前のこだわりを忘れないメーカーであって欲しいと思います。
今のところ、ルアーのみの販売を行っているようですが、今後も見守って行きたいと思います。


ザウルストレインへはこちらから
sauruslogo2.gif

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://swfishing.blog8.fc2.com/tb.php/53-c82f57e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。